ポイントB梱包は自分たちで行う

今では、段ボールに荷物を詰めて、トラックに積み、運んで開封する、といった一連の作業を全部行ってくれるサービスもあります。が、モチロン全て有料。荷物の量に合わせて、更に+○人の作業員を確保しなくてはいけませんので当然ですね。梱包は用途別やモノ別に段ボールに詰めていくだけですので、毎日少しずつ自分でやっていけば別料金を払う必要もありません。最低限の、トラック積み込み、運送、積み下ろしだけの契約であれば、費用を抑えることが出来ます。
最近では、○○用専用パッケージというように、グラスなどの割れ物や、まとめにくい靴などを収納感覚でパッキングして運ぶ梱包用品もありますが、きちんと緩衝剤を入れて段ボールに詰めれば壊れることもなく、リーズナブルに引越しが出来ますよ。
自分で梱包を行うと、費用の面だけではなく、不要なものまでお金を払って新居に運ぶことがなくなります。梱包の段階で、不要なものはいくらでも出てきますので、1か所にまとめておいて、あとでリサイクルショップに持って行けば、ムダに引越す事もなく、トラックのサイズを最小限に抑えて、しかも、不要なものをお金に替えることが出来、一石二鳥となります。是非、梱包は自分で行いましょう。